治療症例

ここでは、出っ歯(上顎前突)の代表的な症例をご紹介します。
上顎前突…上の前歯が下の前歯よりかなり前に突出している噛み合わせを上顎前突(出っ歯)といいます。

出っ歯

【症例1 】11歳 男性:歯を抜かずに治したケース

上の歯が前方に突出しているため、下の顎の骨を前方方向に成長させて、上下のかみ合わせを改善しました。それにより、抜歯をしなくても、上の歯の前方への突出が改善され、口元も改善されました。

治療前


上の前歯が大きく突き出て、下の前歯が見えないくらい覆っています。

治療後


下の前歯が見えるようになりました。歯を抜かずに治りました。

数年経過


治療後6年経過。上下の歯のかみ合わせが、安定しています。

治療前


横から見て上の歯が大きく前に突き出ています。

治療後


上の前歯が引っ込み、上下の前歯でかんでいます。

数年経過


治療後6年経過。上下の歯のかみ合わせが、安定しています。

【症例2 】16歳 男性:歯を抜いて治したケース

上の歯が、前方に突出しており、、口元の出ている感じを治す為に抜歯して、上下のかみ合わせを改善しました。

治療前


上の前歯が大きく突き出て、下の前歯が見えないくらい覆っています。

治療後


下の前歯が見えるようになりました。左右とも、真ん中から4番目の歯を抜いて治しました。

数年経過


治療後6年経過。上下の歯のかみ合わせが、安定しています。

治療前


横から見て上の歯が大きく前に突き出ています。

治療後


上の前歯が引っ込み、上下の前歯でかんでいます。

数年経過


治療後6年経過。上下の歯のかみ合わせが、安定しています。

ページトップ

所在地
〒284-0003 千葉県四街道市鹿渡960-2
TEL 043-423-1880
診察時間
平日・土曜日  9:30〜12:30 14:00〜18:00
休診日  木曜日・日曜日・祭日